渋谷区議会議員 木村正義

 トップページ
 
私の政策
 
活動報告
 
ネットワーク
 
リンク
 私の政策

明治維新以来続いてきた中央集権のシステムは、地域の多様なニーズに対応出来なくなって来ました。
小泉内閣が実施した構造改革によって、スクラップ・アンド・ビルドのスクラップに相当する部分は相応の成果が見えて来たと思います。
しかし、これから先、国や社会が、どこに進もうとするのかは、まだ霧の中です。
地域についても、スクラップ・アンド・ビルドのビルドに当たる新しい指針が必要な時期が来ており、今が大きな岐路だと感じます。
これからの社会に対応する指針づくりと実行に対して、大きな責務を感じています。


教育・文化・創造
上:東京オペラシティ
中:渋谷駅前の喫煙所
下:神宮通り
「教育・文化・創造」 街をつくり、人をつくる

スクランブル交差点私の政策の根本は、渋谷区が持っている力を存分に発揮できる環境を整えることです。
教育・文化・創造が三位一体となることで、私たちの渋谷区がより一層、活性化すると考えています。
また、JR渋谷駅周辺に代表されるように、路上駐車、違法看板、統一感のない街並み、そして犯罪など、この街が荒れています。
性別や世代を問わず、様々な人たちで街が構成される事が、街の新陳代謝を促し、新しい命(産業・教育・文化)の創造を育む環境に成り得ると思うのです。


暮らし
上:原宿駅前
下:渋谷区内小学校の校庭



暮らしやすい街 -日々の安心と未来への希望-

行政の使命は、住民生活のバックアップです。
渋谷区において潜在化されている「力」が、表に出るような環境を作ることが行政の真髄であると考えます。

キーワードは、<安心と希望>
1.高齢者にやさしい街。
2.働き盛り・子育て世代が、安心して暮らせる街。
3.若者が、夢に向かって挑戦できる街。






ページトップへ


宮下公園フットサルコート
宮下公園フットサル場

ページトップへ


次世代を担う青少年の育成

次代の渋谷区を担う青少年の育成に努めます。
放課後の安全な遊び場確保・異年齢交流・様々な体験などができる放課後クラブを区内の全小学校に拡大します。
また、渋谷区では宮下公園内にフットサルコートをつくりました。フットサルは、腕前、年齢や性別に関係なく対戦できる点が、青少年の健全育成に役立つと思っています。


子育て世代を支援
上:東京都児童会館
下:渋谷区内の緑道


ページトップへ


子育て世代を応援

雇用スタイルの多様化や核家族化等によって、子育ての環境が厳しくなってきたと言われています。
こうした社会情勢のなかで、子育てをする世代を応援するために、中学3年生までの医療費を無料にしました。
これからも、子育て世代を応援する施策の実施に努めます。


にぎわう商店街
渋谷区内商店街


ページトップへ


商店街振興・街の活性化

商店街は、衣食住の都市機能が集積した「まちの顔」です。
様々な都市機能が集まっていることから、高齢者にやさしく、まちの核になります。
また、車やバス等に頼らずに歩いて買い物ができる点が、最も大きな魅力の一つです。
老若男女にかかわらず、様々な世代の人々が集う、賑わいのあるまちづくりが必要だと考えます。
渋谷区内には、大小様々な商店街があります。地域ごとにその性格は異なりますが、既存の事業者や商店が更に発展し、新しい事業者や商店が進出できる機運を高めることが行政の役割だと思います。





高齢者福祉
美竹の丘・しぶや

高齢者福祉の推進

この国を、そしてこの街の発展を支えてきたのは、高齢者世代です。
まずは、介護保険制度の安定的な運営と第4特養老人ホームの建設を始め、高齢者福祉システムの構築を推進します。
笹塚駅エレベーター
一生懸命取組みました渋谷区内を走る京王線の幡ヶ谷駅・笹塚駅には、エレベータが設置されました。バリアフリーの観点から絶対に必要であると判断し、私が意を注ぎ実現させていただきました。








ページトップへ






明治神宮
明治神宮






災害に強い街・自然と調和する街

都市型水害に対処するため、神田川の支流にかかる橋の架け替え事業を促進してきました。今後も老朽化した橋の架け替えをはじめとした対策を実施します。また、従来は封じ込める発想であった都市型水害対策ですが、これからは、自然との調和をキーワードにして維持改修や新設を行う必要性を感じます。
新道公園 地下貯水場 一生懸命取組みました
夏の集中豪雨等では、低地が床上や床下浸水を繰り返していました。区民の安心と安全を守るため、私は新道公園地下の防災貯水タンクの設置に尽力しました。写真は水災害用貯水タンクが埋設されている新道公園。
ご存知のように、私たち日本人は古来より自然と調和した文化を形成してきました。例えば、神社。渋谷区内には、明治神宮をはじめ神社が10社以上あります。都会の中にある緑の杜は、やすらぎをもたらすだけでなく、二酸化炭素を吸収したり、夏場には周辺地域の気温を下げる自然のクーラーとしての効果があります。こうした都会における自然の効用を再認識することも、まちづくりにとって大切だと考えます。











ページトップへ